メガネを作るときには、まずこれをする

オシャレのためではなく視力矯正としてのメガネを作るときにはまず、視力を測定する必要があります。視力測定はメガネの販売店で行ってくれることが多いです。時間の無い人などは販売店に行って視力測定からフレーム・レンズ選びとワンストップでメガネを作ることができるため、便利です。

しかし、初めてメガネを作るという人は、メガネの販売店に行く前に眼科で診察を受け、眼科の処方箋を持って販売店に行くほうが良いと言われています。何らかの病気が原因で視力が下がっていることもあるため、視力の低下の原因や目の健康状態をきちんと眼科で診断してもらうと安心です。眼科で診察を受けた場合は、その処方箋を持ってメガネ店に行き、気に入ったフレーム・レンズを選んでメガネを作ってもらいます。

眼科で診察してもらった処方箋はここでも使える

じっくり自分に合ったフレームを探したい、インターネット通販でも自分の気に入るメガネを探したいという人にも眼科の処方箋を持っている方が便利です。インターネット通販でメガネを作る場合には、眼科で診察してもらった度数の情報を入れてオーダーを入れます。販売店に直接行かなくても良いし、実店舗以外にもフレームを選びの選択肢が増えるため、インターネット通販でメガネを作る人が増えています。

眼科の診察を受けるのはひと手間かかることなのでメガネを作り慣れている人などには敬遠されがちですが、眼科に行けば目の病気の早期発見・治療ができます。また子どもの視力低下の場合は視力回復の相談にも乗ってもらえる眼科医も多いです。早急にメガネを作る必要がないのであれば、ひと手間をかけて眼科に行って処方箋をもらうのも大きなメリットがあります。