後悔する人にありがちなこと

メガネを作ってできあがってから後悔する人の多くは、自分に合ったメガネを選んでいません。例えば、フレームがかっこいいから、値段が安いからなど、単純な理由で作っているのです。人それぞれ視力も似合うメガネフレームの形も異なります。フレームや価格に一目惚れしたからといって、即決しないようにしましょう。また、メガネは非常に繊細な器具です。作る際に手入れの方法を聞かず、雑に扱ってすぐに壊してしまう人も少なくありません。手入れや保管方法をしっかりと聞いて、慎重に扱いましょう。

さらに注意すべきなのが、視力検査です。長年同じメガネを使用していて、いざ買い替える時に「今までと同じ度数で構わない」という人がいます。見え方に問題がなかったとしても、度数が変わっている場合があります。念のため視力検査を受けましょう。

自分に合ったメガネを作るには

メガネを作る上で重要なのが、フレームの形です。一目惚れしたフレームでも、いざかけてみたらイメージと違ったというケースが多くあります。輪郭や目の位置によって、似合うフレームの形が異なります。気に入らないフレームの形であったとしても、全体的なバランスが整っているとしっかりフィットするのです。何度も試着をして、お気に入りのフレームを見つけましょう。自分に合うメガネ作りには、様々な検査も重要です。視力検査だけではなく、よく使う目はどちらかを調べる利き目検査、ピントを合わせる力を調べる眼年齢検査などがあります。細かい検査を受けることで、視界がよりクリアに見えるのです。

このように、メガネは慎重に作ることが大切です。