客観的な目で見てもらう!

自分が欲しいメガネと、似合うメガネは違うとよく言われます。こんなのが良いとイメージしたものでも、実際にかけてみると似合わないことはよくあります。いくら好みのメガネでも、似合っていなかったり、顔のバランスとかけ離れているようではいけません。そんなときには、客観視してもらえる目が必要です。

店員さんに相談すれば、どんなメガネが似合うのかアドバイスをもらえます。丸顔の人にはこんなタイプ、面長だとこれが似合うなど、プロの目から見て適切な判断ができるので安心です。店員さんに見てもらってチョイスし、似合うメガネの中から選べば、間違いがありません。特に慣れていないメガネ初心者の人には、客観的な目が大きな助けになります。

値段も含めた相談ができる!

メガネを購入するときには、ほとんどの人が予算のことも考えています。しかし、金額から提示するのは少し恥ずかしいと感じる人も多いです。店員さんに似合うメガネを見てもらいながら、予算のこともさりげなく相談をすれば、想定した金額で抑えることも簡単です。

あらかじめ金額の幅を言っておいた方が、店員さんとしても助かります。似合うメガネをたくさん用意して、これがベストだと決めた後で、予算に収まっていなかったことがわかるとまた1からやり直しです。無駄な手間を省くためにも、予算のことは言っておいた方が良いです。

店員さんに金額のことも含めて相談をすることで、想定よりも安くメガネを手に入れられる可能性だってあります。自然な話の流れの中で聞くことができれば、お金の話は恥ずかしいことではありません。